Tin tức

不動産運営管理会社が新型コロナを乗り越える方法

04/11/2021
過去数か月にわたって、COVID-19の流行は経済全体に大きな影響を及ぼしました。 不動産運営管理業界では、この市場に大きな変化はありませんが、パンデミックにより運営事業が困難になっています。

COVID-19期間の不動産運営管理業界の困難と努力

ハノイとホーチミン市での社会隔離の数ヶ月の間に、多くの建物が「現場での3つの活動」または清掃者、警備者、受付スタッフ、顧客対応スタッフに対してシフト分けの体制を導入しました。 これは、感染症を防ぐために必要ですが、従業員の人数も減らします。 運営管理会社は対応計画を持っていない場合、サービス品質の管理と保証において多くの困難に直面します。

日本の不動産運営管理会社であるVISAHO株式会社の土屋雅裕社長は、この感染症は不動産管理運営事業全体とも、特に人口密度が高いマンションで沢山の業務が発生したと述べました。これらの案件では、運営管理機関は日常のサービスを確保するだけでなく、感染防止に関する追加の作業を実行し、地方当局が検査、予防接種、隔離の作業で支援し、住民の代わりに必需品を購入してあげるという支援活動をする必要です。手間、時間だけでなく、感染防止政策を実施するための費用さえも増えています。運営管理機関が感染症に対応するための十分な経験と勇気を持っていない場合に、「戦いを打ち破

る」のが簡単なことになり、サービスの中断を引き起こし、顧客に被害を及ぼすことだけではなく、物件の中に住民と顧客に感染が広げることもとても危険です。

VISAHOの社長はまた、感染症の時期に管理と運営の作業の面でも多くのリスク、特に従業員自身の健康問題に直面していると述べました。 受付スタッフや警備者は、保護具を持っていても、多くの人との接触を避けることはできません。100%感染がないことを保証することはできません。 建物の従業員が感染しているがタイムリーに確認されない場合、それは物件の運用活動に大きな影響を及ぼし、建物全体のエピデミック防止の取り組みを崩壊させる可能性があります。

COVID-19の流行によって引き起こされた困難により、多くの運営管理機関は、仕事のやり方を変え、消毒機械、自動温度測定機械、建物管理アプリなどのより多くの技術を適用して接触を制限することを余儀なくされました。 この技術変革は、タイムリーかつ効率的な方法で行う必要があります。

「COVID-19の流行後、運営管理会社に対する顧客のニーズは変化し、特に自然災害や流行中に住民の安全性と利益の観点から、以前よりも専門的な要件が高まります。運営管理会社は生き残りたい場合に、その変化に柔軟的に対応する必要があります」とVISAHOの社長は述べています。

COVID-19の流行により、人々は不動産管理サービス業界をより意識するようになります。

日本の親会社からの長年の経験により、VISAHO株式会社は各案件でのエピデミックに対応する際に非常に慎重な準備措置を講じてきました。 住民の安全とサービスの質を確保するために、流行を防ぎ、人員を安定させるための多くの解決策が実施されてきました。 特に、住民と情報を交換するためのテクノロジーの使用、各案件への出入りを非常に早く制御するためのチェックポイントの設定、アパートで直接に商品が受け取られるように生産地と手を組んで住民をサポートする活動を行いました。

VISAHOの運営管理機関は、住民を守るための様々な対策を導入し、全力で住民たちにサポートしていますので住民やお客様から愛と信頼を得ています。 住民から精神的な支援を受けるだけでなく、お金、必需品なども支援してもらいました。

パンデミック時に運営管理の業務を実行するのは本質的に危険な仕事ですが、VISAHOの従業員は自分の仕事をうまくやるのが難しいことを気にしません。 これは、VISAHOが現代社会における運営管理機関の重要性を確定するチャンスでもあります。

COVID-19の流行により、社会が不動産の運営管理業界をより意識するようになったのは否定できません。 マンションの住民の安全衛生が運営管理会社によって大きく左右される場合、これは運営管理業界が将来的にサービスの質を高め、向上させるために必要な条件です。

持ってる 0 コメント 不動産運営管理会社が新型コロナを乗り越える方法

管理者Quản trị viên

ようこそ、名誉あるゲスト。コメントを残してください、私たちはすぐに応答します

応答.
Thông tin người gửi
コメント
評価するには、ここをクリックしてください
送信者情報

PAGE TOP

0.03929 sec| 2605.383 kb